早朝から眠そうにあくびをする西片君。

そこに高木さんがやって来て目薬を手渡し
すかさず勝負を仕掛ける。

目薬をさそうとする西片君に対して
入らない方に賭けるという高木さん。

西片君は必死になってさそうとするも
目薬を怖がってしまい目をつむってしまう。
勝負に勝った高木さんは
有無を言わさず西片君に目薬攻撃!!

目薬をさされまいとして
必死に目をつむり絶えまくる西片君。

ところが高木さんから冷たいモノサシと
お腹にこそばせ攻撃をされあえなく撃沈してしまう。

目薬からキスを思わせる展開に
西片君の心臓がバクバクする最新話の目薬編!

ゲッサン 2017年 7月号の目薬編から
あらすじネタバレ感想をご紹介させて頂きます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



からかい上手の高木さん ネタバレとあらすじ ゲッサン 2017年 7月号



からかい上手の高木さんゲッサン7月号


眠そうにあくびをしながら黒板消しを行う西片君。

西片君を見つけた高木さんは話しかける。

高木さん『また夜中に100%片想い観てたの?
     ダメだよ。ちゃんと寝なきゃ』

そう言うと高木さんは目薬を手渡し
スキをついて勝負を仕掛ける。

高木さん『入らない方に賭けるよ』

西片君は目をつむってしまい入らず
高木さんは罰ゲームを言い渡す。

高木さん『私に目薬ささせてよ
     じゃあ、いくよ━━━』

西片君『こわっ!!なんか
    めちゃくちゃ怖いんだけど』

高木さん『一回でさせたら私の勝ちね』

西片君は高木さんから
逃げ回りながらも自信満々で言い切る。

西片君『フフフ 勝負ならば
    オレも本気を出させてもらう
    目薬はささせない……』

必死に目をつむる西片君は自分に言い聞かす。

西片君(これで高木さんに勝てる
    ふふ……悔しがれ……来ない?)

素早く姿を消していた高木さんは
西片君に冷たいモノサシをあてて揺さぶり攻撃!

思わず西片君は声を上げてしまう。

高木さん『お━━━ガマンしたね』

西片君(今のは危なかった……まさか
    そんな手を使ってくるなんて)

高木さんの攻撃に一安心する西片君でしたが
次の瞬間にお腹をつんとされ撃沈!!

西片君『あはははははははは!!』

たまらず目を開けてしまい目薬をさされてしまう。

意外とスッキリした西片君ですが
待っていたコトは高木さんの言いなり!

高木さん『じゃあ次 西片が私に目薬をさす番ね
     ん?棄権するなら私の勝ちだよ』

高木さんはぐうの音も出ない西片君の前で準備!

西片君は無防備体制で
目をつむる高木さんを見て思う……。

西片君(く━━━しかしあれだな
    高木さんの無防備な姿を見ると
    なんかワクワクするな!!)

色々考えながらこそばせ攻撃を
思いつく西片君に対して高木さんが一言!!


からかい上手の高木さん ニヤ顔.png
高木さん
どうしたの……キスでもする気かな?


西片くん タジタジ.png
西片くん
しないわ……高木さんめぇぇ!!


画像の高木さんは目を開けていますが
実際はまるでキスを待ち望んでるかのようです。

そんな高木さんがとても可愛い♪

一方、恥かしくて早めの勝負を焦る西片君。

西片君(どうする どうする!?
    確か高木さんはわきが弱いって……)

わきを狙おうと考える西片君だが
恥かしさが前面に出てくる。

そんな西片君に対して
高木さんがカウントダウンに入る。

10,9,8,7,6,5……時間なくなっちゃうよ

これって目薬というよりも
キスのカウントダウンではないかと思う僕(笑)

そして遂に西片君が
高木さんの目に突撃すると……!?

━━━━━━━━ガラッ

クラスメイトのユカリちゃんが入って来た!!

ユカリちゃん『あ……え━━━━と
       そうだ!トイレに行きたいの
       すっかり忘れてた━━』

気を利かしたユカリちゃんは
マズい場面を見たかのように戸をしめて出ていく。

平然としてる高木さんは西片の負けだと呟くが
それどころじゃない西片君は焦りまくっていました(笑)


からかい上手の高木さん 感想 目薬 ゲッサン 2017年 7月号


ゲッサン 2017年 7月号に掲載されたTシャツと目薬編ですが
圧倒的に目薬編が面白かったですね。

最初の方からネタの目薬が登場して
その後にどんな展開になるかと思いきや……。

高木さんの無防備な姿とドキドキする西片君の姿は
どこから見ても淡い中学生がキスする瞬間を思わせる場面。

目薬をさすだけやのに高木さんが
西片君に放ったキスという言葉とカウントダウン。

それってキスできるタイムリミットに変更してるやんww

目薬編というよりもキス編を思わせる展開が面白かった。

その後もユカリちゃんが偶然教室に入って来て二人を目撃。

何もなかったかのように気にしない高木さんと
西片君が焦りまくる対照的なオチも大変良かったと思う。

スポンサーリンク

カテゴリ

タグ